弁護士費用特約を付けておけば、どんな交通事故でも安心

自動車保険には弁護士費用特約をつけるべし!


自動車保険、いわゆる任意保険に加入していれば、交通事故に遭った際には保険会社が示談を代行してくれます。
任意保険に加入する目的は、事故を起こした際に支払う賠償金を確保する為です。
ただ、わずらわしい示談を行わなくて済むという事も、任意保険に加入している大きなメリットだと言えます。

保険会社が代行できないケースに対応

しかし、保険会社が示談を代行できない場合もあります。
保険会社が示談を代行する条件は、契約者に過失ある事、つまり賠償責任がある事です。
この賠償責任が全く発生しないときには保険会社は介入できないのです。

弁護士費用特約はもらい事故などで活躍する

事故には様々なケースがあります。
中には、自分の車が停車中に、後ろから追突されるという事故もあります。
いわゆる、もらい事故です。
もらい事故の場合、自分には一切の責任がありませんから、当然、被った被害は、すべて相手が賠償する事となります。
但し、これが厄介なのですが、自分に責任がないという事は、保険会社が示談を代行できない事になります。
ですから、自分で示談を行わなければならないのです。
相手は保険会社です。
数多くの示談を経験してきたプロに素人が太刀打ちする事は非常に困難です。
従って、不利な条件で示談を成立させなければならない可能性が往々にしてあるのです。

加害者が任意保険にすら加入してないケースもある

また、相手が任意保険に加入していない場合もあります。
そういう人が相手ならば、まったく示談に応じない可能性があります。
従って、一見すると自分に有利だと思える、もらい事故は、実は一番厄介な事故なのです。

交通事故のプロの弁護士に依頼することで処理がスムーズに

但し、このようなケースを解決するためには、保険とは別に、他の手段をとることもできるのです。
それが自分で法律事務所に相談して、弁護士に依頼する行為です。
保険会社は無理でも、弁護士ならば示談の代行ができるのです。
ですから、もらい事故に遭った際には、弁護士に相談する事が最善策です。
交通事故に強い弁護士は数多くいます。

心配な費用を特約でカバーする

ただ、気になるのは費用です。
保険会社の示談代行はサービスの一環ですが、弁護士に頼むとなると費用がかかります。
しかし、心配は不要です。
任意保険には、弁護士費用特約というものがあります。
その特約さえ付けておけば、かかる弁護士費用は保険会社が支払ってくれます。