車の役割と交通事故の賠償について

日本のマイカーユーザーの生活


私たちの身の回りには沢山の車があります。
この車は私たちの生活に密着しています。
なぜなら日常生活や仕事においても利用されるからです。
日常生活においては買い物、レジャー、ドライブ、人の送り迎えなどです。
仕事においては仕事自体での利用、職場までの行き帰りなどがあります。

社会生活でも活躍する車

また、自分で車を運転しなくても他の人が運転をして私たちのことを支えてくれることがあります。
タクシーやバスなどはその分かりやすい一例です。
お店に商品を運ぶ配送車、自宅に荷物を運んでくれる宅配車などもこれにあてはまります。

社会インフラとしての自動車

そして、車は産業においても大きな役割を果たしています。
先進国のほとんどは自国で車を製造販売しています。
海外への輸出、海外からの輸入などもあり、経済だけでなく外交などにも貢献しているのが車なのです。
このように車は人間社会にとって必要不可欠なものなのです。

交通事故発生のリスクを考える

車は私たちが暮らしていく上で必要なのは前述したとおりですが、時として危険なものに早変わりすることがあります。
それが交通事故です。
交通事故は車や物の損傷だけでなく、人の怪我や死亡にもつながる恐ろしいものです。
車の装甲は非常に硬く、また重さもあることからひとたび事故を起こすと被害は大きくなります。

法的責任と賠償リスク

また、交通事故を起こした場合は賠償を求められることが多いのです。
事故における賠償は金銭によるものが原則です。
これは被害者が加害者に対して請求するものです。

賠償請求の種類

賠償される損害は大きく分けて三つあります。
一つは積極損害です。治療費、通院交通費、葬儀費などです。
二つ目は消極損害です。休業損害や逸失利益などです。
三つ目は慰謝料です。精神や肉体の苦痛に対して塩払われるものです。

このように事故を起こすと様々な損害に責任を持たなければなりません。